どうしても落ちない汚れがあるというとき、やっぱりバッグクリーニングをお願いする姿勢は正しいです。確実に汚れを落とす方法であり、最近では結構バッグクリーニングをお願いする人たちが増えてきているようです。大事なバックだからこそ確実な方法は何かと考えて、バッグクリーニングということになります。

ただし、ここの料金が発生します。それは、バック素材によって変わってきます。決して安くはなく、1万円近くかかる場合もありますので、あらかじめ料金は調べておくようにしましょう。みなさんがクリーニングをお願いしたいバッグの素材をまずはチェックしましょう。

革製バッグの汚れクリーニングの場合、革本来の質感を保ちながら、表側と内側をクリーニングしていかなければなりません。クリーニングした後に、傷・色落ちした場所を、全体の色あいに合わせて、色入れをすることも出来たりします。そして、業者によってはオリジナルの美容液洗剤など使用をして、革に栄養を与えながらのクリーニングを行うことが出来ます。汚れ、手垢はしっかり落とされていかなければなりませんし、更にみなさんにとって大事な革のバッグの寿命がより長くなっていかなければなりません。

Comments are closed.
2016年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ