キレイだから嬉しい

キレイだから嬉しい

管理人 No Comments

布製のバッグクリーニングという場合はどうでしょうか。業者でも、洋服をクリーニングするのと同じような感覚でクリーニングを行っていきます。業者にお願いしたとしても、日焼けなどによって起こる色の変色については、落とせないことはあるようです。でも普段、一般な人たちが行う洗濯の方法で落とすことが出来ない汚れだってしっかり落とすことが出来ます。色柄布地の場合、色を落とさず汚れのみ落とすという難しい技をこなしていかなければなりません。それは、しっかりプロの目が事前に判断してくれることでしょう。

スエードバッグの汚れクリーニングの場合はどうでしょうか。スエードバッグの汚れクリーニングの場合でも、革の質感を保ちながら、表側と内側のクリーニングは行われていく必要があります。ブラッシングを行い最後に防水スプレー、更に美容液洗剤によって、革にしっかり栄養を与えてくれたりします。

私達は、大事なバックは、いつもキレイな状態であれば、ずっと長く使用したいと思っているのです。それが、バッグクリーニングという方法であり、おしゃれ重視の人たちのバッグに対しての向き合い方ではないでしょうか。いつまでもキレイなバッグだからこそ、いつだって嬉しい気分で持ち続けることが出来ます。

革の寿命がより長く

管理人 No Comments

どうしても落ちない汚れがあるというとき、やっぱりバッグクリーニングをお願いする姿勢は正しいです。確実に汚れを落とす方法であり、最近では結構バッグクリーニングをお願いする人たちがかなり多いようです。大事なバックだからこそ確実な方法は何かと考えて、バッグクリーニングということになります。

ただし、ここの料金が発生します。それは、バック素材によって変わってきます。決して安くはなく、1万円近くかかる場合もありますので、あらかじめ料金は調べておくようにしましょう。みなさんがクリーニングをお願いしたいバッグの素材をまずはチェックしましょう。

革製バッグの汚れクリーニングの場合、革本来の質感を保ちながら、表側と内側をクリーニングしていかなければなりません。クリーニングした後に、傷・色落ちした場所を、全体の色あいに合わせて、色入れをすることも出来たりします。そして、業者によってはオリジナルの美容液洗剤など使用をして、革に栄養を与えながらのクリーニングを行うことが出来ます。汚れ、手垢はしっかり落とされていかなければなりませんし、更にみなさんにとって大事な革のバッグの寿命がより長くなっていかなければなりません。

バッグクリーニング

管理人 No Comments

バッグも当然汚れる訳ですし、洗濯してみようかなというモチベーションが、時々思い浮かんだりするものではないでしょうか。もちろんいつまでもキレイに使用したいと誰もが思っているはずです。バッグも自宅で洗濯出来ないことはありません。そのときは洗う時は優しく丁寧に洗いましょう。洗濯機で洗うというときは、素材によっては洗うことが出来ないものもありますので、なんでも洗濯機という意識は決して正しくはありません。そして、可能だとしても洗濯によって形が崩れてしまわないように、バッグの中に、タオルなどつめることがポイントです。布地のバッグなどは漂白剤を使うとシミの元になるので注意をしましょう。脱水は型崩れの原因になりますので極力しない方が良いです。どうしてもという時はちょっとだけして短時間で終了するようにしてください。

そして、バッグの素材が綿・麻ということであれば、石鹸を溶かしたお湯の中で洗う「煮洗い」という方法も効果的です。そして、更に注意をしなければならないことは、乾かすときです。日光によってバッグが痛んでしまうかもしれません。直射日光は厳禁!陰干しで丁寧に乾かすモチベーションが大事です。

でも、大事なバッグが、安易な洗濯によって台無しになってしまう可能性がない訳ではありません。そのため、やっぱりバッグクリーニングをお願いするモチベーションが正しいのかもしれません。どうしても落ちない汚れを落としてくれるのもこちらの方法です

2016年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ